• copa

第9期自治政策特別講座

第9期自治政策特別講座

「 予算・決算、行政の事業を把握した議会活動を 」


参加者数:--名

参加自治体数:--自治体


開催日:2007年7月27・28日(視察オプション26日) 会 場:剛堂会館 会議室 <アクセス>


プログラム


7月27日(金)[ 10:00~17:00 ]

第1講義10:00~12:00 自治体行政の運営を知る

青山 佾(やすし) (明治大学大学院教授・元東京都副知事)

自治体行政組織はどのような原理で動いているのか。住民がわかりにくい行政組織図は何を目的につくられているのか。予算や事業はどのように組み立てられていくのか。東京都という巨大な都市の中で、自治体行政のあり方を探求してきた経験から、議会での議論の前提知識は何かを解説。

第2講義 13:00~17:00 予算と決算を読みこなす

兼村 高文 (明治大学大学院教授)

自治体財政は変わろうとしている。公会計は、政治の責任がどのように果たされようとしているのかを予算編成作業と決算で明らかにすること。そのためにわかりやすい予算・決算の審議を議会で行う必要がある。現実の予算・決算の読み方と新しい自治体財政をめぐる動きを4時間の集中講義で習得する。

7月28日(土)[ 9:30~15:30]

第3講義 9:30~11:00 行財政改革と総合計画の意味

西寺 雅也(前多治見市長)

多治見市の行財政改革の実践と総合計画での公約の実現は、全国でも名高い。住民と向き合い、地域と共に役所を変えた手法とは。総合計画による明確な行政の姿勢をどのように構築してきたのか。議員経験者でもある講師が議会の活性化に期待する。

第4講義 11:10~12:40 行政の今日的課題と新しい行政手法

日高 昭夫(山梨学院大学教授)