• copa

第9期自治政策講座in東京

第9期自治政策講座in東京

「 自治力をつける 自治体・議会の改革 」


参加者数:--名

参加自治体数:--自治体


開催日:2007年8月23・24日(視察オプション22日) 会 場:自動車会館 会議室 <アクセス>


プログラム


8月23日(木)[ 10:00~17:00 ]

第1講義10:00~12:00 自治体の自立をめざして

片山 善博 (慶応大学教授・前 鳥取県知事)

慣例打破と情報公開を県政改革の柱に、ハコもの行政からの転換、ダムや博物館などの計画を次々に中止。前例のない被災住宅救済も行なった。県職員の人件費をカットした財源で小学校教諭の採用を増やし、1,2年生の30人学級を実現するなど独自の構造改革を展開。議会への根回しをやめ、住民の視点で政策を実現してきた「自治の理念」を説く。

第2講義 13:00~15:00 命を大切にする政策とは ―自殺対策基本法と自治体の自殺対策の進め方

本橋 豊  (秋田大学医学部教授)

年間3万人以上が自殺する日本。2006年、自殺外柵を国と自治体の責務と位置づける「自殺対策基本法」が議員立法で成立。自殺問題は「自殺する個人を取り巻く社会の問題」と認められた。地方自治体による現状把握や取組みの格差は大きい。県が財政上の措置を行い、地域を上げて取り組み、成果を上げている秋田県で中心的な役割を果たした実践から学ぶ。

第3講義 15:10~16:50 市民の声を生かすまちづくり ―ドイツのプラーヌンクスツェレと日本での可能性

篠藤 明徳 (別府大学教授)

プラーヌンクスツェレはドイツで生まれた「市民の声を聞く」参加手法。無作為で選ばれた市民が、有償で地域の解決すべき課題について徹底的に討論する。この手法を、日本で始めて解説した書の著者が、その理念と、海外、国内の事例を紹介。三鷹市などで模擬実施が行なわれ、現場での課題も見えてきた。すぐれた手法の解説と意義を明らかにする。

8月24日(金)[ 10:00~15:00]

記念講演 10:00~12:00 自治体再構築とは