• copa

第10期自治政策講座in横浜

第10期自治政策講座in横浜

「 分権時代の自治体のチェック機能とは―行政をチェック・行政がチェック 」


開催日:2008年8月28・29日(27日視察オプション) 会 場:神奈川県民ホール 会議室<アクセス>





プログラム


10月24日(水)[ 13:00~16:30 ]

記念講演 10:00-12:00 今自治体議会が問われていること

松下 圭一 法政大学名誉教授

自治体理論の創始として今も多彩な活動を展開。「自治体改革」「シビルミニマム」「自治体再構築」など自治に関する講師の造語が日本の地方自治論をリードしてきた。官治・集権政治の解体が始まったが、議会は今なにをすべきか明らかにする。

第1講義 13:00-15:00 行政事業の点検・評価の視点

日高 昭夫 山梨学院大学教授/ローカル・ガバナンス学会代表

地域住民だれもが潜在顕在に必要だと考える公共問題に関する解決策(地域公共政策)を模索し提案し調整し実施する仕組みを「ローカル・ガバナンス」と呼ぶ。その仕組みの中でチェック機能はどのように機能すべきなのか。点検・評価の視点を明らかにする。