• copa

第15期自治政策特別講座

第15期自治政策特別講座

「 地域再生をめざす予算審議―政策の選択と集中 」


開催日:2013年2月4・5日

会 場:自動車会館 大会議室<アクセス> 





参加者数:182名

参加自治体数:109自治体

プログラム

2月4日(月)[ 10:00~16:50 ]

第1講義 10:00-12:00 予算書はこう見る―歳出からみる自治体の姿

町田 敏彦 専修大学経済学部教授

 予算審議で明らかにすべきことは、予算によってどのような地域生活を実現しようとしているのか、首長や議会の姿勢である。歳出行為によって、様々な社会福祉の実現や課題解決へ誘導的な政策を提示することもある。歳出しないことによる意思表示もできる。住民にもわかりやすい自治体の予算とは。自治体の意思決定機関である議会の予算審議のために、予算書の読み解き方を課題に。今回は「歳出」に重点を置いて一から解説する。 第2講義 13:00-15:00 政策実現に職員を活かす ―住民の役に立つ公務員制度

太田 肇  同志社大学教授 スーパー公務員が地域社会を変える。職員の意識改革をともに行い、住民のためという目標が揺るがなければ「自治体改革」は成功する。東日本大震災でも公務員不足が復興の障害になっている。予算審議での職員に関するこれまでの議論は「給与・定数・懲罰」であった。これ