• copa

第11期自治政策講座in横浜

第11期自治政策講座in横浜

「自治体の危機管理とは ―住民の命を守る取り組み」





開催日:2009年 5月21・22日(視察オプション20日) 会 場:横浜波止場会館 <アクセス>


参加者数:名

参加自治体数:自治体


プログラム


5月21日(木)[ 10:00~17:00 ] 第1講義10:00~12:00 リスクコミュニケーションとその手法

吉川 肇子 慶應義塾大学凖教授

 災害時には、「自治体から住民への情報提供をどうするのか」だけではなく、情報や意見の「やりとり」が大切。地域でつくるコミュニティの大切さは実証されている。  自治体が情報をどうやり取りするのか、そのために編み出したクロスロードなどやさしい手法も紹介。 第2講義 13:00~15:00 新型インフルエンザなどウィルス感染症への自治体の役割

押谷 仁  東北大学大学院教授

1999年8月よりフィリピンのマニラにある世界保険機関(WHO)西太平洋地域事務局で、感染症地域アドバイザーとして、SARS(サーズ)や鳥インフルエンザへ